スキップしてメイン コンテンツに移動

Popular among young people?

せんねん 灸。にわかに玉川家ブームがやってきています。

しかしせんねん灸のパッケージ。
よく見てみると「Popular among young people」なる文言が。。。

検索してみると、こんなブログが。
http://www.naenote.net/entry/english-word-for-moxa-and-moxibustion

せんねん灸の販売元であるセネファ社の公式HPによると、せんねん灸オフのパッケージデザインが現在のものにリニューアルされたのは1988年とのこと。
つまり1988年から2016年現在までの28年間ものあいだせんねん灸はPopular among young peopleということになっているそうです

ええ!young peopleもびっくりです。というか、同じように気になった方がいらっしゃったのね。。。なんかブログの内容も面白い。

お灸は、英語で「モグジバスチョン」って言うんだけど、これ何回聞いても覚えられない。。。 ちなみに覚えられないシリーズでいくと、針治療も「アキュパンクチュアー」って言って、これまた覚えられない。

自分の身体の調子が悪い時に、お灸で治せたら最高だ。
なので、身体のツボを徐々に覚えようと思います。

おやすみなさい。

I’m really into 'moxibustion' recently.
I use these moxa for my parents to take away their pain.
The reason I started that my best friend is an acupuncturist. So I know how it works by her treatment these days.
I want to know more detail about acupoints to cure.

コメント

このブログの人気の投稿

CCCランチ★

カルチュアコンビニエンスクラブ、通称CCC@渋谷へ打ち合わせでいってきました。
CCCというと馴染みがないですが、TSUTAYAやTポイントの運用をしている会社さんです。 こちらが社員食堂。TSUTAYAみたい。
博報堂と同じく社員カードでしか支払いができないので、ちゃっかりご馳走になってしまいました。 (笑)
TSUTAYAとのお仕事ではないのですが(笑)、今度はじまるみなとフューチャーセンターの港区検定の打ち合わせしてきました★ とっても相性がいいので、良い方向に進みそうです! 楽しみです!!!

のんびりスイーツ★

タイトルそのまま。 名古屋でお茶してます。 スイーツ、たまにはいいね〜。

「protobi」(プロトビ)それとも「protobio」(プロトビオ)?

新しい会社の名前を考えています。
いままで暫定はプロトビだったのだけど、プロトビオはどう?という話に。
やっぱり書いていてもプロトビが良い気がする。

Which one do you prefer 'protobi' or 'protobio' for a new company name?
Since now we have tentatively called 'protobi' but co-representative Director tell me 'protobio' is matcher than 'protobi'.
In the moment I write, I prefer 'protobi'... lol

ここでプロトビの想いを紹介したいと思います。



私たちは、協創の可能性を信じています。

一人で新しいことを考えるよりも、みんなで取り組んだ方が大きな成果がでやすく、多くの人にとって、誰か他の人と協力して何かを成すのは楽しいことです。
また、多様な人々との協力の中からは、往々にしてよいアイディアや解決策が見つかったりするものです。

しかし、そういったことを日々の仕事や生活の中で実践するのはなかなか難しいのも事実です。なぜなら、ふと思いついたアイディアや、何となく疑問に思っていること、気になっていることについて、自分で見て、考え、実際に創って確かめるというところまで踏み込むには、時間も手間もかかり、往々にしてそれらの努力が無駄になることも多いからです。

この、「観察して創って試す」という探求のプロセスとスキルは、価値創造に不可欠なものです。筋力や持久力と一緒で、普段から意識して使わなければ衰えてしまいますが、本来的にはすべての人に備わっているもので、使い続けることで熟達していくはずです。

私たちは、自らの手で新しい価値を創る意志を持った個人のための協創のプラットフォームを作ることで、個人の創造性を刺激し、より豊かな社会を築くことの一助を担いたいと思います。