スキップしてメイン コンテンツに移動

About the workforce of women.

<考え>
少子高齢会社で日本政府の女性の労働への期待は理解できるが、現在は方針ばかりが先行し、効果的な制度・政策が打ち出せてないように見受けられる。安心して子育てをしながら働ける環境を整えることが急務になる。
そのために、
1.制度を作っていく必要がある
 ◎保育園を安く・長く(保育士の給料もあげ、働く母親の安全安心につなげる)
2.文化を作っていく必要がある
 
◎家事代行などサービスを拡充し、それを受け入れられる文化をつくる
3.ロールモデルを
 ◎著名な方から身近な方まで、新しい生活スタイルの確立
今後、フルタイムで働くというアクションに踏み出せる女性が増えることが望ましい。私も女性であり自営業の身なので、走りながらこれから何が大切か考え続けたい。

About expected to the workforce of women, there are some difficulties to practice. The government is not making an honest effort to encourage women to work. They talk about the goal, but they don’t take effective action.
I think the government has to support not only making a new policy but also making some beneficial system to help working women.
First, we must think of a system that supports the children of work-women.
But we have some problem. We don't have enough nurseries in Japan. Many mothers want to go to work, but since they can't find any day care center for their children, they need to stay at home for children, not going to work. They are very frustrated.
Currently, the number of the children on the waiting list for nursery schools is more than 20,000.
The government has to force the nurseries to accept children. And then we must pay attention to the government focusing on the construction of public buildings. We should use the enabling facilities and reconsider about high-fee for entering nursery without authorization.
Second, we have to make the culture of our lifestyle. And we are constrained by stereotypes. For example, the women raise her children by herself. There are many old ideas that don’t match the current lifestyle of working women. I know the woman who started the housekeeping services, she said ‘when we use the housekeeping services, we think it is only for luxury (people with wealth). So it is difficult to use the services.’
We have to change the situation by using those services. Then to show the society, it is not only for the wealthy (well off).
Last, we don’t have so many role models about working women. So we can’t have the clearly imagination to work. I think if a familiar person works hard with raising up her children, I can understand how to work.

So I think Japanese women have to know many cases to work with raising children.

コメント

このブログの人気の投稿

CCCランチ★

カルチュアコンビニエンスクラブ、通称CCC@渋谷へ打ち合わせでいってきました。
CCCというと馴染みがないですが、TSUTAYAやTポイントの運用をしている会社さんです。 こちらが社員食堂。TSUTAYAみたい。
博報堂と同じく社員カードでしか支払いができないので、ちゃっかりご馳走になってしまいました。 (笑)
TSUTAYAとのお仕事ではないのですが(笑)、今度はじまるみなとフューチャーセンターの港区検定の打ち合わせしてきました★ とっても相性がいいので、良い方向に進みそうです! 楽しみです!!!

のんびりスイーツ★

タイトルそのまま。 名古屋でお茶してます。 スイーツ、たまにはいいね〜。

「protobi」(プロトビ)それとも「protobio」(プロトビオ)?

新しい会社の名前を考えています。
いままで暫定はプロトビだったのだけど、プロトビオはどう?という話に。
やっぱり書いていてもプロトビが良い気がする。

Which one do you prefer 'protobi' or 'protobio' for a new company name?
Since now we have tentatively called 'protobi' but co-representative Director tell me 'protobio' is matcher than 'protobi'.
In the moment I write, I prefer 'protobi'... lol

ここでプロトビの想いを紹介したいと思います。



私たちは、協創の可能性を信じています。

一人で新しいことを考えるよりも、みんなで取り組んだ方が大きな成果がでやすく、多くの人にとって、誰か他の人と協力して何かを成すのは楽しいことです。
また、多様な人々との協力の中からは、往々にしてよいアイディアや解決策が見つかったりするものです。

しかし、そういったことを日々の仕事や生活の中で実践するのはなかなか難しいのも事実です。なぜなら、ふと思いついたアイディアや、何となく疑問に思っていること、気になっていることについて、自分で見て、考え、実際に創って確かめるというところまで踏み込むには、時間も手間もかかり、往々にしてそれらの努力が無駄になることも多いからです。

この、「観察して創って試す」という探求のプロセスとスキルは、価値創造に不可欠なものです。筋力や持久力と一緒で、普段から意識して使わなければ衰えてしまいますが、本来的にはすべての人に備わっているもので、使い続けることで熟達していくはずです。

私たちは、自らの手で新しい価値を創る意志を持った個人のための協創のプラットフォームを作ることで、個人の創造性を刺激し、より豊かな社会を築くことの一助を担いたいと思います。