スキップしてメイン コンテンツに移動

糖質制限とスポーツ事情。

仕事上、厳密にはできないのですが、糖質制限、結構ゆるゆると続いています。
このゆるゆる感があるから続けられる感じです。しかし、たまにストイックです。

今日はスタバで「お待ちの時間にチョコビスケットどうぞ」とサービスされ、、、1秒悩んで、とっさに口から出た言葉が、「いま我慢してるんで、いいです。」(泣笑)
あともう1秒悩んでたら、せっかくだし食べちゃぉ〜(げへへへ)って思ったと思うんだけど、頑張りました。こんなことがあると、ちょいちょい何者かに試されている気がしてならない。笑
(スタバでフルリーフチャイティーラテのシロップ抜きにしてるんだから、きっと糖分控えめ希望なんだろうなって気付いてくれてもよかったけど・・・(笑))

今日はお昼も野菜サラダ、夜は豚で、ストイックな日だったから断れたんだと思います。
こういう日が続くといいな〜と思いつつも、シェイプアップは3歩進んで2歩下がるって感じなので、ゆるゆる続けます★いまは数字がストップしてるアブナイ時期なので耐えます!

3月に入り、再び、シェイプアップの方は、3ヶ月目標を立てて頑張ろうかなと考え中。来月のアメリカあたりが心配ですがリズムを崩さないようにしよう。

昨日は朝6km公園を走って、それからジムにいってマシンで筋トレして、2km走って、最後はスイム。今朝はいい感じに内転筋に痛みがきてて、良い感じです。結構な運動日でした。

そうそう、昨日は、ついに、25m泳ぎきる1m手前の24mまでいけました。これは人生初かと。笑 そして、コーチに再び指導してもらっちゃいました。大人になって頭で身体の動きを理解するようになったからか、水泳本を読んで理解しだしたのか、面倒みてくれる友人とコーチのおかげか(w)とにかく、すごい嬉しかった。

今月中には25mは泳げるようになりそうです。そして、スパルタスイム教室も予定中。
そのスパルタスイムにいくと飛躍的に伸びるらしい。友人の何人か行ってて、最近は、知り合いで25m泳げなかった人が、300m泳げるようになったとレポートしてくれました。なかなか日程が合わないですが、4月には行ってみます◎またレポートします。

コメント

このブログの人気の投稿

CCCランチ★

カルチュアコンビニエンスクラブ、通称CCC@渋谷へ打ち合わせでいってきました。
CCCというと馴染みがないですが、TSUTAYAやTポイントの運用をしている会社さんです。 こちらが社員食堂。TSUTAYAみたい。
博報堂と同じく社員カードでしか支払いができないので、ちゃっかりご馳走になってしまいました。 (笑)
TSUTAYAとのお仕事ではないのですが(笑)、今度はじまるみなとフューチャーセンターの港区検定の打ち合わせしてきました★ とっても相性がいいので、良い方向に進みそうです! 楽しみです!!!

のんびりスイーツ★

タイトルそのまま。 名古屋でお茶してます。 スイーツ、たまにはいいね〜。

「protobi」(プロトビ)それとも「protobio」(プロトビオ)?

新しい会社の名前を考えています。
いままで暫定はプロトビだったのだけど、プロトビオはどう?という話に。
やっぱり書いていてもプロトビが良い気がする。

Which one do you prefer 'protobi' or 'protobio' for a new company name?
Since now we have tentatively called 'protobi' but co-representative Director tell me 'protobio' is matcher than 'protobi'.
In the moment I write, I prefer 'protobi'... lol

ここでプロトビの想いを紹介したいと思います。



私たちは、協創の可能性を信じています。

一人で新しいことを考えるよりも、みんなで取り組んだ方が大きな成果がでやすく、多くの人にとって、誰か他の人と協力して何かを成すのは楽しいことです。
また、多様な人々との協力の中からは、往々にしてよいアイディアや解決策が見つかったりするものです。

しかし、そういったことを日々の仕事や生活の中で実践するのはなかなか難しいのも事実です。なぜなら、ふと思いついたアイディアや、何となく疑問に思っていること、気になっていることについて、自分で見て、考え、実際に創って確かめるというところまで踏み込むには、時間も手間もかかり、往々にしてそれらの努力が無駄になることも多いからです。

この、「観察して創って試す」という探求のプロセスとスキルは、価値創造に不可欠なものです。筋力や持久力と一緒で、普段から意識して使わなければ衰えてしまいますが、本来的にはすべての人に備わっているもので、使い続けることで熟達していくはずです。

私たちは、自らの手で新しい価値を創る意志を持った個人のための協創のプラットフォームを作ることで、個人の創造性を刺激し、より豊かな社会を築くことの一助を担いたいと思います。