スキップしてメイン コンテンツに移動

オープンファクトリー冊子完成!

(English follows)モノづくりの現場を公開する「オープンファクトリー」、その事例集作成に昨年の夏から関わらせて頂き、昨日ついにそのお披露目会でした!!


会社を立ち上げてすぐの仕事として、素敵な活動に参画でき本当にハッピーでした。取材という形でモノづくりの産地にお伺いし、改めて、素晴らしい日本のモノづくりの世界&職人さんに出会うことができました。

これまで町工場で働いていたのに、取材という形で関わることになり、不思議です。
改めて気付けたモノづくりの魅力。今年も産地へお伺いする活動は継続していきたいと思います!

編集八木さんと〜!


We've just published a guidebook for "Open Factory", which is an
activity held by some Japanese manufacturing companies. This activity
is open for everyone, especially those who are interested in observing
factories. I covered seven activities (because it varies according to
the locality) as my first work of my company. I interviewed some
project members of the 'Open Factory’ such as a craftsman for 7months.
During the research, I could be aware of the treasure in the Japanese
manufacturing companies and also sprit of manufacturing. I really
respect all persons who I interviewed. And it was so much fun, I'm
glad I was involved in the activity. I will continue to constantly
support them.

コメント

このブログの人気の投稿

CCCランチ★

カルチュアコンビニエンスクラブ、通称CCC@渋谷へ打ち合わせでいってきました。
CCCというと馴染みがないですが、TSUTAYAやTポイントの運用をしている会社さんです。 こちらが社員食堂。TSUTAYAみたい。
博報堂と同じく社員カードでしか支払いができないので、ちゃっかりご馳走になってしまいました。 (笑)
TSUTAYAとのお仕事ではないのですが(笑)、今度はじまるみなとフューチャーセンターの港区検定の打ち合わせしてきました★ とっても相性がいいので、良い方向に進みそうです! 楽しみです!!!

のんびりスイーツ★

タイトルそのまま。 名古屋でお茶してます。 スイーツ、たまにはいいね〜。

「protobi」(プロトビ)それとも「protobio」(プロトビオ)?

新しい会社の名前を考えています。
いままで暫定はプロトビだったのだけど、プロトビオはどう?という話に。
やっぱり書いていてもプロトビが良い気がする。

Which one do you prefer 'protobi' or 'protobio' for a new company name?
Since now we have tentatively called 'protobi' but co-representative Director tell me 'protobio' is matcher than 'protobi'.
In the moment I write, I prefer 'protobi'... lol

ここでプロトビの想いを紹介したいと思います。



私たちは、協創の可能性を信じています。

一人で新しいことを考えるよりも、みんなで取り組んだ方が大きな成果がでやすく、多くの人にとって、誰か他の人と協力して何かを成すのは楽しいことです。
また、多様な人々との協力の中からは、往々にしてよいアイディアや解決策が見つかったりするものです。

しかし、そういったことを日々の仕事や生活の中で実践するのはなかなか難しいのも事実です。なぜなら、ふと思いついたアイディアや、何となく疑問に思っていること、気になっていることについて、自分で見て、考え、実際に創って確かめるというところまで踏み込むには、時間も手間もかかり、往々にしてそれらの努力が無駄になることも多いからです。

この、「観察して創って試す」という探求のプロセスとスキルは、価値創造に不可欠なものです。筋力や持久力と一緒で、普段から意識して使わなければ衰えてしまいますが、本来的にはすべての人に備わっているもので、使い続けることで熟達していくはずです。

私たちは、自らの手で新しい価値を創る意志を持った個人のための協創のプラットフォームを作ることで、個人の創造性を刺激し、より豊かな社会を築くことの一助を担いたいと思います。