スキップしてメイン コンテンツに移動

朝の英会話成功。

成功ということはもちろん失敗があってのことです。
前夜に予約しておくと急な事態に対応できないので(主に寝坊w)、朝起きた瞬間に予約することにしたらなんと今日はすべての予定がしっかりクリアできました。

今日は自分の会社の紹介のナチュラルな言い方の検討。一歩ずつですね〜。

I have a consulting firm which aims to give advice to prospective clients in line with manufacturing.I also propose projects to local government units
My main goal is to help manufacturing businesses to widen their scope by attracting new clients and finding better markets.
My second goal is to make the local town famous, where the ceramics originated.
My parents started their own glaze tile manufacturing company. But recently, the business' sales decreased and I think there is a need to try new innovations or to shift to new strategies.
For that reason, I decided to put up my own consulting firm to assist and support Japanese manufacturing companies which are having the same experiences.
My last goal is to make foreign people come to our local town to buy the ceramics from the Manufacturing Company.I will promote the town to make the economy better.

そして両親の会社を紹介しようと思うと、 glaze(釉薬)っていうのが伝わりにくいので decoration of wall tile とかにしたほうがいいかなっと思った今日。またそれは明日の課題にしましょう。※上記追加〜!

コメント

このブログの人気の投稿

CCCランチ★

カルチュアコンビニエンスクラブ、通称CCC@渋谷へ打ち合わせでいってきました。
CCCというと馴染みがないですが、TSUTAYAやTポイントの運用をしている会社さんです。 こちらが社員食堂。TSUTAYAみたい。
博報堂と同じく社員カードでしか支払いができないので、ちゃっかりご馳走になってしまいました。 (笑)
TSUTAYAとのお仕事ではないのですが(笑)、今度はじまるみなとフューチャーセンターの港区検定の打ち合わせしてきました★ とっても相性がいいので、良い方向に進みそうです! 楽しみです!!!

「protobi」(プロトビ)それとも「protobio」(プロトビオ)?

新しい会社の名前を考えています。
いままで暫定はプロトビだったのだけど、プロトビオはどう?という話に。
やっぱり書いていてもプロトビが良い気がする。

Which one do you prefer 'protobi' or 'protobio' for a new company name?
Since now we have tentatively called 'protobi' but co-representative Director tell me 'protobio' is matcher than 'protobi'.
In the moment I write, I prefer 'protobi'... lol

ここでプロトビの想いを紹介したいと思います。



私たちは、協創の可能性を信じています。

一人で新しいことを考えるよりも、みんなで取り組んだ方が大きな成果がでやすく、多くの人にとって、誰か他の人と協力して何かを成すのは楽しいことです。
また、多様な人々との協力の中からは、往々にしてよいアイディアや解決策が見つかったりするものです。

しかし、そういったことを日々の仕事や生活の中で実践するのはなかなか難しいのも事実です。なぜなら、ふと思いついたアイディアや、何となく疑問に思っていること、気になっていることについて、自分で見て、考え、実際に創って確かめるというところまで踏み込むには、時間も手間もかかり、往々にしてそれらの努力が無駄になることも多いからです。

この、「観察して創って試す」という探求のプロセスとスキルは、価値創造に不可欠なものです。筋力や持久力と一緒で、普段から意識して使わなければ衰えてしまいますが、本来的にはすべての人に備わっているもので、使い続けることで熟達していくはずです。

私たちは、自らの手で新しい価値を創る意志を持った個人のための協創のプラットフォームを作ることで、個人の創造性を刺激し、より豊かな社会を築くことの一助を担いたいと思います。

のんびりスイーツ★

タイトルそのまま。 名古屋でお茶してます。 スイーツ、たまにはいいね〜。