スキップしてメイン コンテンツに移動

会社設立の御挨拶。

よ〜〜〜〜やくです。
ようやく公に「会社はじめました」の御挨拶ができました。
私らしくなく(勢いで行かないようにと慎重になっていたら)、なかなか挨拶できず、、ずるずると〜〜、、という感じになっていました。

本当は「うおおお」という時とか、「ひゃぁああぁ」という時とかあったのですが。笑

まずはお世話になっているみなさんとfacebookで繋がっているみなさんに御挨拶ができてホッとしています。

一緒にやってくれる土井ちゃんです。
まずはこの二人ではじめますよ〜〜!

拝啓 深緑の候、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さてこのたび 5 月 29 日より「合同会社プロトビ」を設立し業務を開始致すことになりました。 これもみなさまのご支援とご協力の賜物と心より感謝する次第です。
これまでもボランティアや NPO 等で活動して参りましたが、今後は新しい価値を提案する活動により 一層注力し、複雑化し変化を続ける社会に新しい風を吹き込むようなプロダクトやアイディアを生み 出せるような場作り、ワークショップ開発に励みます。

社名の「プロトビ」は、英語の "Protobiont" と "Prototype" の意味を持っています。
40 億年前の原始の地球に存在した、生命の起源に繋がった数えきれないほどの種類の " 原始生命体 "。 私たちは、個々が創造的に試行錯誤を繰り返すことが、現代社会において原始生命体と同様の役割を 果たし、変化のエンジンになると考えています。 そして、新技術・新製品を世に出す前に試験用として作られる " 試作品 "。 これより沢山のプロトタイプを世に送り出していくことをミッションに定め活動していきます。 この事業自体も新たな試みであり、常に改善し成長しながら社会の中で挑戦していこうという思いを 込めています。


尚役員として代表社員に玉川幸枝、業務執行社員に土井孝允が就任することとなりました。まだまだ未熟な私たちですので、みなさまにおかれましては、今後ともご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い致します。

コメント

このブログの人気の投稿

CCCランチ★

カルチュアコンビニエンスクラブ、通称CCC@渋谷へ打ち合わせでいってきました。
CCCというと馴染みがないですが、TSUTAYAやTポイントの運用をしている会社さんです。 こちらが社員食堂。TSUTAYAみたい。
博報堂と同じく社員カードでしか支払いができないので、ちゃっかりご馳走になってしまいました。 (笑)
TSUTAYAとのお仕事ではないのですが(笑)、今度はじまるみなとフューチャーセンターの港区検定の打ち合わせしてきました★ とっても相性がいいので、良い方向に進みそうです! 楽しみです!!!

「protobi」(プロトビ)それとも「protobio」(プロトビオ)?

新しい会社の名前を考えています。
いままで暫定はプロトビだったのだけど、プロトビオはどう?という話に。
やっぱり書いていてもプロトビが良い気がする。

Which one do you prefer 'protobi' or 'protobio' for a new company name?
Since now we have tentatively called 'protobi' but co-representative Director tell me 'protobio' is matcher than 'protobi'.
In the moment I write, I prefer 'protobi'... lol

ここでプロトビの想いを紹介したいと思います。



私たちは、協創の可能性を信じています。

一人で新しいことを考えるよりも、みんなで取り組んだ方が大きな成果がでやすく、多くの人にとって、誰か他の人と協力して何かを成すのは楽しいことです。
また、多様な人々との協力の中からは、往々にしてよいアイディアや解決策が見つかったりするものです。

しかし、そういったことを日々の仕事や生活の中で実践するのはなかなか難しいのも事実です。なぜなら、ふと思いついたアイディアや、何となく疑問に思っていること、気になっていることについて、自分で見て、考え、実際に創って確かめるというところまで踏み込むには、時間も手間もかかり、往々にしてそれらの努力が無駄になることも多いからです。

この、「観察して創って試す」という探求のプロセスとスキルは、価値創造に不可欠なものです。筋力や持久力と一緒で、普段から意識して使わなければ衰えてしまいますが、本来的にはすべての人に備わっているもので、使い続けることで熟達していくはずです。

私たちは、自らの手で新しい価値を創る意志を持った個人のための協創のプラットフォームを作ることで、個人の創造性を刺激し、より豊かな社会を築くことの一助を担いたいと思います。

若者の力を未来国会から発信したい -No.225- 未来国会2013代表 山元富士丸さん

我らが学生代表の山元が記事になっている。
http://tsunagalien.com/no.225.html

【新着記事】
一枚のチラシが自分を変えた。
政治を批判する前に提案をしてほしい。
全世代がもっと日本を好きになってほしい。

写真はマニュフェスト大賞で受賞したときのもの。私もちゃっかり♪