スキップしてメイン コンテンツに移動

おそ〜い夏休みということで・・・

10月30日から一週間、休みをとって、ラスベガスに行ってきます!
べ・ガ・ス〜〜〜!!!!!
というのも、親友のDahliaのBoyfriendのAnthonyの30歳の誕生日、ということで、わざわざ、東海岸から西海岸へ移動してニューヨーカーたちは祝うそうです。
この前NYに行った時に「次回(会うのは)はこのタイミングだから」と誘われており、どうやらそれはギャクではないらしく(笑)人生何度とない経験だと思うので、そんなパーティーピーポーの中に混じってきます。

まさか自分がラスベガスに行くことになるとは・・・。
私もAnthonyと同じく29歳、最後のお楽しみを味わってこようと思います。

ただ、ラスベガスまで行ったならば、、、
ここも行っておきたい!!!!!!!そう、グランドキャニオン!!!!
予約しちゃいますよ〜〜。
一日あっという間のコース・15時間でさらっと行っちゃいますよ〜〜〜。
実はラスベガスからグランドキャニオンは大阪〜東京間ぐらいの距離なんだって(^^)★

旅するって決めた時って、自分の中で何かがリセットされたり、抱えていたものをおろすことができたり、またエネルギッシュになったり、っていいことだらけなので、これから10月30日に向けていろいろ頑張ります。特には英語を・・・。

この前のフライトの時に見た映画のワンシーン。失恋したメグライアンがラスベガスに行ったのがはじまりというラブコメディー・べガスの恋に勝つルール。ラブコメを5本も帰りのフライトで見続けたのが、それが何かはじけるきっかけだった気がするのだが・・・。笑
うーん。仕事もそうだし、英語もそうだし、肉体改造?もそうだし、本当に毎日がめまぐるしい。

「頑張る」という精神論ではなく、状況や環境を変えねば人は頑張れない生き物。ということで、いろいろ追い込んでいきまーーーす。

コメント

このブログの人気の投稿

CCCランチ★

カルチュアコンビニエンスクラブ、通称CCC@渋谷へ打ち合わせでいってきました。
CCCというと馴染みがないですが、TSUTAYAやTポイントの運用をしている会社さんです。 こちらが社員食堂。TSUTAYAみたい。
博報堂と同じく社員カードでしか支払いができないので、ちゃっかりご馳走になってしまいました。 (笑)
TSUTAYAとのお仕事ではないのですが(笑)、今度はじまるみなとフューチャーセンターの港区検定の打ち合わせしてきました★ とっても相性がいいので、良い方向に進みそうです! 楽しみです!!!

のんびりスイーツ★

タイトルそのまま。 名古屋でお茶してます。 スイーツ、たまにはいいね〜。

「protobi」(プロトビ)それとも「protobio」(プロトビオ)?

新しい会社の名前を考えています。
いままで暫定はプロトビだったのだけど、プロトビオはどう?という話に。
やっぱり書いていてもプロトビが良い気がする。

Which one do you prefer 'protobi' or 'protobio' for a new company name?
Since now we have tentatively called 'protobi' but co-representative Director tell me 'protobio' is matcher than 'protobi'.
In the moment I write, I prefer 'protobi'... lol

ここでプロトビの想いを紹介したいと思います。



私たちは、協創の可能性を信じています。

一人で新しいことを考えるよりも、みんなで取り組んだ方が大きな成果がでやすく、多くの人にとって、誰か他の人と協力して何かを成すのは楽しいことです。
また、多様な人々との協力の中からは、往々にしてよいアイディアや解決策が見つかったりするものです。

しかし、そういったことを日々の仕事や生活の中で実践するのはなかなか難しいのも事実です。なぜなら、ふと思いついたアイディアや、何となく疑問に思っていること、気になっていることについて、自分で見て、考え、実際に創って確かめるというところまで踏み込むには、時間も手間もかかり、往々にしてそれらの努力が無駄になることも多いからです。

この、「観察して創って試す」という探求のプロセスとスキルは、価値創造に不可欠なものです。筋力や持久力と一緒で、普段から意識して使わなければ衰えてしまいますが、本来的にはすべての人に備わっているもので、使い続けることで熟達していくはずです。

私たちは、自らの手で新しい価値を創る意志を持った個人のための協創のプラットフォームを作ることで、個人の創造性を刺激し、より豊かな社会を築くことの一助を担いたいと思います。