スキップしてメイン コンテンツに移動

避難地域の復興と新しい地域づくりに関わりたい方を募集!

大手印刷企業から農家へ。
大手コンサルからNPOへ。

まだまだ物質的なものが溢れている今ですが、
ほんの少しだけ、世の中のパラダイムがシフトしていく、
そんな気配を感じている今日この頃。

NPO法人コースター代表・羽鳥氏、通称バードさん。
慶應SFC出身のキモココチヨイ仲間だと思っています。w

仕掛けているひとが仲間になり、
仲間になったひとが仕掛け、
世の中仕掛けているひとだらけになっていい感じです。

ぜひ仕掛けていきましょう。

「機会はあなたのすぐ目の前に。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   避難地域の復興と新しい地域づくりに関わりたい方を募集!
    田村市都路町(旧都路村) 住民力向上プロジェクト
  ~ 田村市復興応援隊 採用募集・事業説明会 開催のお知らせ ~
-----------------------------------------------------------
       7/20(土) 16:30~18:00@渋谷
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 東日本大震災と福島第一原発事故から2年を経た今、
 福島県は復興と地域の再生に向けた新しい局面を迎えようとしています。
 震災後、福島第一原発30㎞圏に位置する福島県田村市都路(みやこじ)町は、
 全域避難対象エリアとなり約3,000人の住民全員が避難させられました。
 
 2011年9月30日に帰宅可能となりましたが、
 現在もたった700人余りが我が家に帰還できただけです。
 
 ただ、自分の家に戻った方たちも、
  住んでいる家はまばら
  学校が戻っていない
  町には子どもがいない
  お店が再開してない
  買い物には3つ山に越えなきゃいけない
  これから学校が戻ったり、
  完全に0から町をつくらなきゃいけない
 そんな状況の中におります。
 さらに都路町住民を支援している団体がひとつもないという状況から、
 復興に向けた活動を支援する「田村市復興応援隊事業」を
 私たちNPO法人コースターが田村市に提案し、2013年7月1日事業受託に至りました。
 今回は「田村市復興応援隊」として、住民と一緒にこれからの地域を考え、
 住民による復興に向けた活動を支援するメンバーを募集します。
 
 「田村市復興応援隊」は、メンバー1人1人が住民のパートナーとなり、
 「いま都路地区に必要な活動は何か」
 「地域が自立的に課題解決していくにはどうしたらよいか」を共に考え、
 住民が取り組む活動と地域の将来を共に創っていく仕事です。
 新たな動きを始める福島に可能性を感じる方、今こそこれまでのキャリアを
 活かして関わりたいと思う方、福島の今を知りたい方、
 自分自身が地域や人に必要とされる人に成長してみたい方、
 どうぞ私たちと一緒に新しい地域のあり方を創って行きましょう。。
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ 説明会概要
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日時/会場】
 ・日 時:2013年07月20日(土) 16:30~18:00(開場16:15)
 ・会 場:NPO法人ETIC.オフィス 5階セミナールーム
       渋谷駅より徒歩10分、原宿駅より徒歩9分
       http://www.etic.or.jp/etic/access.html
 ・主 催:NPO法人コースター
 ・協 力:NPO法人ETIC. 震災復興リーダー支援プロジェクト
 ・定 員:20名程度(参加費:無料)
 ・対 象:○福島に移住して住民と一緒に新しい復興や地域づくりを
       模索されたい方
      ○自分の地域や故郷で、リーダーとして地域の活性化に
       取り組みたいと思っている方
      ○将来途上国で、内発的な地域開発や
       コミュニティの再生・活性化に取り組みたいと思っている方
      ○自分自身が地域や人に必要とされる人に成長してみたい方
      ○福島の課題やこれからの地域づくりに関心のある方
 ・内 容:○福島県・田村市の抱える課題の現状について
      ○田村市復興応援隊事業について
      ○田村市復興応援隊の採用募集について
      ○その他・質疑応答
 ・担 当:NPO法人コースター 羽鳥 圭・下枝 浩徳
  ※本説明会は、採用募集への応募を検討されている方だけではなく、
  当団体が実施する「田村市復興応援隊事業」にご関心を持たれた方も
  ご参加いただけます。
  ※定員を超えた場合、採用募集への応募にご関心のある方を優先させて
  いただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。
  ※18:30頃より、会場近くで懇親会を実施予定です。説明会終了時に
  募集を致しますので希望者の方はぜひご参加ください。
  懇親会のみ参加されたい方もご相談ください(参加費、3,000円程度を予定)。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ プロジェクト詳細
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『 福島県田村市都路町 住民力向上プロジェクト 』
 ~住民の自発性から立ち上がる地域再生活動の伴走支援~
 実施団体:特定非営利活動法人コースター(福島県郡山市)
      http://costar-npo.org/
 活動内容:田村市都路地区住民の自発性に基づく復興活動の支援
  ステップ1-住民の状況リサーチ、ニーズ把握
  ステップ2-インタビュー等を通じた住民の自発性向上
        住民の自発性に基づく復興活動の立上げ・実施支援
 活動地域:主に福島県田村市
 この業務の詳細や採用募集の要項は、下記URLからご覧いただくか、
 下記の連絡先までご質問ください。
 ⇒ http://costar-npo.org/
--------------------------------------------------------------------
 *実施団体・NPO法人コースターについて
  福島で、これからの地域を担う人材の育成と、その人材が活躍する
  環境づくりのために、復興に関わる活動に関わってきた有志により、
  2012年10月に設立されました。
  現在、以下の5事業に取り組んでいます。
  ・研修事業:地域の変革を担う人材の育成のための研修の実施
  ・地域変革事業:行政・NPO・企業等の機関による協働事業の形成
  ・コミュニティスペース事業:県内2ヶ所でのコミュニティスペース運営
  ・キャリア教育事業:高校生のためのキャリア教育の実施
  ・田村事業:田村市委託事業「田村市復興応援隊事業」の実施
--------------------------------------------------------------------
 *NPO法人コースター代表・羽鳥圭氏のプロフィール
  慶應義塾大学SFC・井上英之研究室にて社会起業を学び、同大学院
  在籍時には島根県隠岐郡海士(あま)町にて「Iターンが地域で効果的に
  変革事業を進めるための仕組み」について研究。
  卒業後は野村総合研究所に入社し、コンサルタントとして企業の業務改革や
  自治体の調査・計画策定業務などに携わる。
  2009年秋に出会った福島県郡山市の若者コミュニティ「ぴーなっつ」で、
  地域変革人材育成のためのプログラム実施を模索中に東日本大震災が発生。
  2012年3月に野村総合研究所を退職し、福島県郡山市に移住。
  福島の復興支援団体の中間支援を行う「ふくしま連携復興センター」にて
  事業計画・資金調達・政策提言資料の作成などを担当。
  
  同時に郡山市の仲間とともにNPO法人コースターを設立し、
  現在は田村市都路地区の支援事業や地域変革の担い手育成のための研修、
  その他官民連携での復興プロジェクトの企画やキャリア教育・
  コミュニティスペース運営の実施に向けた活動を実施中。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ 参加申込み
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 下記フォーマットにご入力ください受付後、
 担当より後日確認のメールをお送りいたします。
 (Facebookの参加ボタンを押すだけでは参加になりません)
 ※定員に超えた場合には、採用募集への応募に関心がある方を
  優先させていただく場合がございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇内容に対するお問い合わせは、こちらまでお願いします。
 特定非営利活動法人コースター(担当:羽鳥・下枝)
 福島県郡山市富久山町久保田字下河原191-1
  URL: http://costar-npo.org/
  MAIL: tamura@costar-npo.org
  TEL: 024-983-1157 / FAX: 024-983-1158
 ※電話は、不在の場合もございますので、上記アドレスまで
  メールを送付いただけますと幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメント

このブログの人気の投稿

CCCランチ★

カルチュアコンビニエンスクラブ、通称CCC@渋谷へ打ち合わせでいってきました。
CCCというと馴染みがないですが、TSUTAYAやTポイントの運用をしている会社さんです。 こちらが社員食堂。TSUTAYAみたい。
博報堂と同じく社員カードでしか支払いができないので、ちゃっかりご馳走になってしまいました。 (笑)
TSUTAYAとのお仕事ではないのですが(笑)、今度はじまるみなとフューチャーセンターの港区検定の打ち合わせしてきました★ とっても相性がいいので、良い方向に進みそうです! 楽しみです!!!

のんびりスイーツ★

タイトルそのまま。 名古屋でお茶してます。 スイーツ、たまにはいいね〜。

「protobi」(プロトビ)それとも「protobio」(プロトビオ)?

新しい会社の名前を考えています。
いままで暫定はプロトビだったのだけど、プロトビオはどう?という話に。
やっぱり書いていてもプロトビが良い気がする。

Which one do you prefer 'protobi' or 'protobio' for a new company name?
Since now we have tentatively called 'protobi' but co-representative Director tell me 'protobio' is matcher than 'protobi'.
In the moment I write, I prefer 'protobi'... lol

ここでプロトビの想いを紹介したいと思います。



私たちは、協創の可能性を信じています。

一人で新しいことを考えるよりも、みんなで取り組んだ方が大きな成果がでやすく、多くの人にとって、誰か他の人と協力して何かを成すのは楽しいことです。
また、多様な人々との協力の中からは、往々にしてよいアイディアや解決策が見つかったりするものです。

しかし、そういったことを日々の仕事や生活の中で実践するのはなかなか難しいのも事実です。なぜなら、ふと思いついたアイディアや、何となく疑問に思っていること、気になっていることについて、自分で見て、考え、実際に創って確かめるというところまで踏み込むには、時間も手間もかかり、往々にしてそれらの努力が無駄になることも多いからです。

この、「観察して創って試す」という探求のプロセスとスキルは、価値創造に不可欠なものです。筋力や持久力と一緒で、普段から意識して使わなければ衰えてしまいますが、本来的にはすべての人に備わっているもので、使い続けることで熟達していくはずです。

私たちは、自らの手で新しい価値を創る意志を持った個人のための協創のプラットフォームを作ることで、個人の創造性を刺激し、より豊かな社会を築くことの一助を担いたいと思います。