ビジネスをはじめるということ。

「やっぱり名古屋が好きなの・・・」
と、乃木坂のイタリアンのお店でつぶやいた私。(ロマンチック風な出だしでw)

先週の木曜日に、私の尊敬している同い年の友人とご飯に行っての一言。

「別に名古屋でやらなくても東京でいいじゃん?」という友人に
(後で聞いたら意地悪していたらしい)
やっぱりどう考えても名古屋で何かアウトプットしたい気持ちは消せない、ことを告白。

もちろん消すつもりで東京にいるわけではないし、
東京にいるのは名古屋でアウトプットするためだという気持ちがあるし、
消したいと思ったことはないけれど、
「インパクト」の話になったときに、自己満でなく、しっかりとその根拠を
伝えられないとダメだと思う。

なぜ名古屋なのか?

ちなみに友達は本当にプロフェッショナルなところを突き進んでいるので、
もしこの人とこの先ずっと会話していきたいなら、
自分も同じ深さだけ物事を追求しないとな、と感じました。
本当にストイックだし、毎回毎回会話のレベルが高い・・・。恐ろしい。(ひょ〜)

何でも平均してできる人はこの街ではあまり必要とされない感覚があります。
「君は何のスペシャリストになるの?」彼と話していて、二年前の師匠の言葉が頭をよぎりました。



また昨日は、名古屋で活躍されている女性起業家の方にお話を聞いてもらう機会があったので(ずっと尊敬している方です)、そこで木曜日に得た知識や考え方をさっそくアウトプットしてみました。

やはりご指摘頂くところは、ごもっとも、なところで・・・汗
(ほんと木曜日に友人に相談しておいて良かった・・・!!と心から思いましたが)

私のどうしようもないふにゃふにゃなところを、
瞬時に見抜いてびしびしっと指摘してもらいました。

タイトルに書きましたが、「ビジネスをはじめるということ」は、
何がしたいのか、
誰に何を届けたいのか、
そのサービスがあると誰が喜ぶのか、それを考え抜くところから始めないとです。

そうすると、ぐ〜るぐる〜〜ぐる〜〜と、本当に頭から湯気がでて、
思考回路はショート寸前という感じになります。

この状況で、そこを考えきれるかが勝負です。頑張ります!!!!

コメント