スキップしてメイン コンテンツに移動

ビジネスをはじめるということ。

「やっぱり名古屋が好きなの・・・」
と、乃木坂のイタリアンのお店でつぶやいた私。(ロマンチック風な出だしでw)

先週の木曜日に、私の尊敬している同い年の友人とご飯に行っての一言。

「別に名古屋でやらなくても東京でいいじゃん?」という友人に
(後で聞いたら意地悪していたらしい)
やっぱりどう考えても名古屋で何かアウトプットしたい気持ちは消せない、ことを告白。

もちろん消すつもりで東京にいるわけではないし、
東京にいるのは名古屋でアウトプットするためだという気持ちがあるし、
消したいと思ったことはないけれど、
「インパクト」の話になったときに、自己満でなく、しっかりとその根拠を
伝えられないとダメだと思う。

なぜ名古屋なのか?

ちなみに友達は本当にプロフェッショナルなところを突き進んでいるので、
もしこの人とこの先ずっと会話していきたいなら、
自分も同じ深さだけ物事を追求しないとな、と感じました。
本当にストイックだし、毎回毎回会話のレベルが高い・・・。恐ろしい。(ひょ〜)

何でも平均してできる人はこの街ではあまり必要とされない感覚があります。
「君は何のスペシャリストになるの?」彼と話していて、二年前の師匠の言葉が頭をよぎりました。



また昨日は、名古屋で活躍されている女性起業家の方にお話を聞いてもらう機会があったので(ずっと尊敬している方です)、そこで木曜日に得た知識や考え方をさっそくアウトプットしてみました。

やはりご指摘頂くところは、ごもっとも、なところで・・・汗
(ほんと木曜日に友人に相談しておいて良かった・・・!!と心から思いましたが)

私のどうしようもないふにゃふにゃなところを、
瞬時に見抜いてびしびしっと指摘してもらいました。

タイトルに書きましたが、「ビジネスをはじめるということ」は、
何がしたいのか、
誰に何を届けたいのか、
そのサービスがあると誰が喜ぶのか、それを考え抜くところから始めないとです。

そうすると、ぐ〜るぐる〜〜ぐる〜〜と、本当に頭から湯気がでて、
思考回路はショート寸前という感じになります。

この状況で、そこを考えきれるかが勝負です。頑張ります!!!!

コメント

このブログの人気の投稿

CCCランチ★

カルチュアコンビニエンスクラブ、通称CCC@渋谷へ打ち合わせでいってきました。
CCCというと馴染みがないですが、TSUTAYAやTポイントの運用をしている会社さんです。 こちらが社員食堂。TSUTAYAみたい。
博報堂と同じく社員カードでしか支払いができないので、ちゃっかりご馳走になってしまいました。 (笑)
TSUTAYAとのお仕事ではないのですが(笑)、今度はじまるみなとフューチャーセンターの港区検定の打ち合わせしてきました★ とっても相性がいいので、良い方向に進みそうです! 楽しみです!!!

「protobi」(プロトビ)それとも「protobio」(プロトビオ)?

新しい会社の名前を考えています。
いままで暫定はプロトビだったのだけど、プロトビオはどう?という話に。
やっぱり書いていてもプロトビが良い気がする。

Which one do you prefer 'protobi' or 'protobio' for a new company name?
Since now we have tentatively called 'protobi' but co-representative Director tell me 'protobio' is matcher than 'protobi'.
In the moment I write, I prefer 'protobi'... lol

ここでプロトビの想いを紹介したいと思います。



私たちは、協創の可能性を信じています。

一人で新しいことを考えるよりも、みんなで取り組んだ方が大きな成果がでやすく、多くの人にとって、誰か他の人と協力して何かを成すのは楽しいことです。
また、多様な人々との協力の中からは、往々にしてよいアイディアや解決策が見つかったりするものです。

しかし、そういったことを日々の仕事や生活の中で実践するのはなかなか難しいのも事実です。なぜなら、ふと思いついたアイディアや、何となく疑問に思っていること、気になっていることについて、自分で見て、考え、実際に創って確かめるというところまで踏み込むには、時間も手間もかかり、往々にしてそれらの努力が無駄になることも多いからです。

この、「観察して創って試す」という探求のプロセスとスキルは、価値創造に不可欠なものです。筋力や持久力と一緒で、普段から意識して使わなければ衰えてしまいますが、本来的にはすべての人に備わっているもので、使い続けることで熟達していくはずです。

私たちは、自らの手で新しい価値を創る意志を持った個人のための協創のプラットフォームを作ることで、個人の創造性を刺激し、より豊かな社会を築くことの一助を担いたいと思います。

のんびりスイーツ★

タイトルそのまま。 名古屋でお茶してます。 スイーツ、たまにはいいね〜。